配偶者特別控除の「141万円の壁」は?

主婦が働くときに、必ず考えるのが世帯収入での損得のライン。

以前の記事『主婦のパート「扶養内がお得」は本当?』や『「103万円の壁」どうして103万円なの?』のように、年収103万円以内で働くというのが、一般的な考え方でした。その他にも、社会保険の扶養である年収130万円というのも一つのポイントでした。この「130万円の壁」ですが、一部の人には「106万円の壁」に引き下げられることになっています。

こんなにたくさんある壁ですが、その他にも「141万円の壁」があります。

「103万円の壁」は、主婦などがパートなどの給与年収103万円以内で働いたら、①:自分自身が所得税を払わなくていい、②:夫の所得税の計算時、配偶者控除が受けられる、というものでした。 自分自身のパート収入を得ながらも、税金面では専業主婦と同じような優遇を受けられるのが「年収103万円」以下なのです。

ここで、「配偶者控除」について詳しくみてみましょう。 配偶者控除は、年間の合計所得金額が38万円以下で、生計を同じにしている配偶者がいる場合は、所得税の計算をするときに、所得から控除(38万円)を行なうというものです。

たとえば妻が年間の所得が38万円以下なら、夫の税金を安くしようというのが「配偶者控除」です。所得が給与の場合は、給与所得控除額(経費に相当するもの)が65万円ありますので、38万円に65万円を足した103万円がボーダーラインとなります。

カードローンの審査基準は?何を見られてる?

妻の所得が給与の場合は、年収で103万円以下であれば、夫に配偶者控除が適用できるということです。

夫の所得税の税率が20%の場合(課税される所得金額が330万円を超え695万円以下)、夫の所得税額が7万6000円(38万×0.2)減るということです。

この「配偶者控除」のラインを超えてしまっても、段階的に控除をしていきましょうという制度があります。これが「配偶者特別控除」です。

配偶者特別控除は、年間の合計所得金額が38万円を超えて「配偶者控除」が受けられなかったとしても、所得が76万円未満であれば、控除を受けられるというものです。 この「年間所得76万円」というのも、主婦が働く一つのボーダーラインになるわけです。

年間所得76万円ということは、給与所得控除額の65万円を足して、年間収入141万円、これが「141万円の壁」と呼ばれるものです。この「配偶者特別控除」は、配偶者控除とは少し違い、利用するには注意が必要です。

このページの先頭へ